Our products - Blue Prism

当社では、企業向けの性能を備えたロボティック・プロセス・オートメーション用ソフトウェアのプラットフォームを提供しています。これは、組織に自社事業とIT化されたデジタルワークフォースをご提供することを第一目的として設計された、堅牢で、拡張性が高く、パワフルかつフレキシブルなソフトウェアです。

デジタルワークフォースは、正式に認定された運用チームまたは運用および技術分野にまたがるセンター・オブ・エクセレンス(中核的研究拠点)によって、包括的な企業規模のロボティック運用モデルに準拠して構築、管理、所有されます。どのようなソフトウェアでも、コーディング不要で非侵襲的方法で自動化できます。つまり、デジタルワークフォースは、組織全体の事務または管理業務が行われるどのような部門のプロセスの自動化にも簡単に適用することができるのです。

Blue Prism®プラットフォームは、難しい設定などは一切必要なく、セキュリティ、制御、データの整合性、変更管理、拡張性、堅牢性、スケジュール設定において求められる厳しい基準を満たす機能性を備えています。 新しいデジタルワークフォースは、新たな業務リスクをもたらしてはなりません。反対に、会社の業務ガバナンスや取引の整合性を飛躍的に向上させる必要があります

当社のテクノロジープラットフォーム

ブループリズムは、実績のあるMicrosoft .NET Frameworkの上に構築され、いかなるアプリケーションでも自動化し、多様な形態(ターミナル・エミュレータ、シッククライアント、シンクライアント、ウェブブラウザ、Citrixおよびウェブサービス)のいかなるプラットフォーム(メインフレーム、Windows、WPF、Java、ウェブ等)でもサポートします。 ブループリズムは、組織内で使用されるあらゆるアプリケーションの自動化に使用できる単一の機能を提供します。

Blue Prism Technology Platform
どのようなアプリケーションも自動化し、いかなるプラットフォームもサポート
Blue Prism Operating Business Model

当社の経営モデル:事業のコントロールと見える化

ブループリズムは、物理的および論理的アクセス制御の両方を使用して、マルチ環境導入モデル(開発、テスト、ステージングおよび本番)向けに開発されているため、一元的なリリース管理インターフェースとプロセス変更配布モデルを搭載し、高いレベルの可視性と統制を実現しています。また、プロセス開発と再利用の一元管理モデルによって、事業に対するさらなる統制が行われます。

ガバナンス、コンプライアンス、変革管理

ブループリズムは、エンタープライズ組織を念頭において設計されているため、PCI-DSS、HIPAAおよびSOXに準拠し、必要なセキュリティおよびガバナンスを実施するために、以下を含む多数の統制が整備されていることが実証されています:

Blue Prism Segregated Users Icon

ユーザーの職務(開発者、リリースマネージャー、コントローラー)分掌。

Blue Prism Automated Icon

ネットワークおよび特定のアプリケーションへのロボットのアクセスにおける、自動化された認証情報の管理。

Blue Prism History Icon

システムへのアクセス、設定変更およびプロセスの実行に対する監査履歴。

Blue Prism comparison Icon

プロセス変更の対照比較。

Blue Prism Compliance Logos

インフラストラクチャ

分散型ソフトウェアロボットの使用により、ブループリズムは、拡張性に優れ、クラウドまたはオンプレミスエンタープライズ展開でプロビジョニング可能です。 また、グリッドベースアーキテクチャによって、高可用性、高パフォーマンス、フェイルオーバー及び災害復旧シナリオの提供を可能にすると同時に、業務需要における季節要因による大きな変動に対処します。

Blue Prism Could or On Site
クラウドまたは自社所有のエンタープライズ配備
Blue Prism Infrastructure Icon
Blue Prism Windows Server Directory Icon
ネットワークやソフトウェアの証明書の安全な保管

ITセキュリティ

アクティブディレクトリの統合によって、ブループリズムのユーザーアクセス管理を他のエンタープライズアプリケーションに合わせます。 また、保存データの暗号化や、さまざまなブループリズムのリソース間通信のセキュリティ確保において、高いレベルの柔軟性を備えています。 ネットワークのストレージをセキュリティで保護し、プロセスにおいて数々の保護対策とともにソフトウェアの認証情報を使用することによって、パスワードがどの管理者も知り得ないユーザーの完全に個人的な情報となる一方で、ITセキュリティチームによるその使用の完全な監督が可能になります。

プロセス構成

ブループリズムの構成は、コーディング不要で、論理的で、可視性が高くなっています。 各プロセスは、ビジネスユーザー、プロセスエクセレンスエンジニア、および特定分野の専門家によって作成、維持、管理されるように設計されています。 各構成要素は、再利用できるように設計され、連結されてエンド・ツー・エンド・プロセスが作成されます。このプロセスは、以下を行うために一元管理されます:

  • 新しいプロセスの開発を加速する。
  • ビジネス領域および業務チーム全体における業務手順の標準化を支援する。
  • メンテナンスコストを低減する。
  • サードパーティのシステム変更に対応するために必要な時間を短縮する。

このオブジェクト指向アプローチによって、少数の一元管理されているオブジェクトを変更することで、すべてのプロセスの更新が可能になります。

Blue Prism Process Configuration

オートメーション技術

アプリケーションの形態(ターミナル・エミュレータ、シッククライアント、シンクライアント、ウェブブラウザ、Citrixおよびウェブサービス)にかかわらず、当社はアプリケーション(例:SAP、Lotus、Office、Exchange、カスタムアプリケーション)を自動化するための機能を提供します。 ブループリズムは、画像認識やサードパーティアプリケーションのフォームのレイアウト変更の自動処理などの先進的なオートメーション技術をサポートしています。また、オプションで、JavaScriptおよび.NET拡張子(社内またはサードパーティITプロバイダーにより開発されたもの)を利用することにより、高度なデータ処理を可能にできます。

Blue Prism Java Logo
Blue Prism HTML5 logo
Blue Prism Windows Logo
Blue Prism Silverlight logo
Blue Prism .Net Logo
Blue Prism Citrix Logo
Blue Prism Process Execution Control Icon

プロセスの実行とコントロール

ブループリズムのコントロールルームは、分散されているロボットにおいてプロセスの制御、監視、実行、スケジューリングを行うための一元管理コンソールを装備しています。ここでは、自動化されたランタイムディストリビューションを使用しているため、実行命令をコンパイルしてネットワーク全体に配布する必要がありません。 リリースマネージャーモジュールは、環境(例:開発、テスト、本番)間での配布用のプロセスをパッケージ化すると同時にプロセスの依存関係を可視化する機能を備えています。 システムオーナー(主管管理責任者)および変更管理責任者にとっては、このモジュールは、変更をカプセル化して1つの環境から別の環境に展開するための権限ベースの管理・監査機構となります。 コントロールルーム内のワークキューでは、以下の機能を活用することにより、独立型オートメーションと支援型オートメーションの両方をサポートしています:

  • 業務の特定分野の専門家および既存のフロントオフィススタッフおよびバックオフィススタッフに対する業務参照機能。
  • 管理者および技術サポートスタッフに対するプロセスアラート機能。
  • 24時間365日の稼働と堅牢なオートメーションを確保する、コーディング不要の構成例外処理機能。

レポート作成と分析

ブループリズムは、すべてのシステムログイン、それぞれの変更管理作業、すべての意思決定、および各ソフトウェアロボットによって実行されたアクションを記録することにより、有意義なBIおよびMIレポート作成を推進し、インラインプロセス統計値とリアルタイム業務解析値の両方を識別します。 また、アクティビティや意思決定の記録はすべて1つの中央の知識ベースに保存されているため、管理者は、組織の業績のスナップショットや、改善が必要な領域、および新しい収益やお客様の満足度を向上するための新しい機会を識別する方法を即座に確認できます。

Blue Prism Meaningful Data
有意義なBIおよびMIレポートにするためのデータ

トレーニング、認定、サポート

トレーニングコースは、自己主導型のオンライントレーニングプラットフォームを介して提供されるか、ブループリズムによって正式に認定されたパートナーによって、より改まった教室環境で提供されます。 強固なパートナーコミュニティによって、あらゆる業種および専門領域で広範な専門知識が提供され、認定を求める個人または企業に対しては、サポートおよびメンタリングが提供されます。

ブループリズムの認定スキームでは、ロボティック・プロセス・オートメーションチームのメンバーが安定して優れた技能を発揮し、その職務(例:機能マネージャー、ビジネスアナリスト、コントローラー、開発者)に関連したトレーニングを成功裏に官僚したお客様およびパートナーに対して信頼性評価が付与されます。

ブループリズムの手厚いテクニカルサポート:
Blue Prism Product Guide Icon

製品内の包括的なヘルプガイド。

Blue Prism Data Sheet Icon

さまざまなトピックに関する詳細情報を提供するオンラインポータルで入手した一連のデータシート。

Blue Prism Technical Support Icon

テクニカルサポートヘルプライン、電子メールおよびオンラインサポートポータル経由で提供されるブループリズムのテクニカルサポート。

Blue Prism Accredited Partners

ブループリズムが、組織固有のニーズに合わせて個別に作成したサポート契約書に基づき、パートナーを認定しました。

デリベリ方法論

エンタープライズ向け機能のプラットフォームとして設計されているため、ブループリズムは、ソフトウェアの展開以上に重点を置いて、ある手法を開発しました。 この実証済みの配布手法を使用して、以下を行うことにより、最初の一部のプロセス以上に実装を確実に成功させることができます:

  • ロボティック・プロセス・オートメーションに最適なプロセスを識別する。
  • ロボティック・プロセス・オートメーションの成功事例を確立して、全社的な認識と採用を推進する。
  • 必要なインフラストラクチャ、ガバナンスおよびサポートフレームワークを実装して、ロボティック・プロセス・オートメーションの機能を可能にし、効率的かつ効果的に実行する。
  • オートメーションの可能性を高め、ライスサイクルの開発を加速するプロセス構成のベストプラクティス手法を定義する。
  • 職務ベースのトレーニングやメンタリングによる認定を通じて、業務リソースに必要な技能を提供する。
Blue Prism Delivery Methodology