Blog - Blue Prism

ニュース

Blue Prism®による最新記事

ブループリズムがMITテクノロジーレビューの2017年版世界で最も優秀な企業50社に選出

ブループリズムの「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」ソフトウェアがビジネスの変革と革新をもたらす重要な技術として認められた。 世界で最も成功したデジタルワークフォースを提供するブループリズムは今週、 MITテクノロジーレビューの2017年版世界で最も優秀な企業50社に選ばれた。 高い尊敬を受けるMITテクノロジーレビューの編集者によって毎年まとめられる世界で最も優秀な企業50社のリストは、最も革新的な技術と効率的なビジネスモデルをもつ世界中の企業を評価している。している。ブループリズムは驚異的な成長と顧客の獲得を成し遂げており、今年上半期には、同社の主要技術である「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」 」プラットフォームの、企業顧客との取引数が3倍に増加した。 「スペースX、アマゾン、テスラ、アップル、セールスフォース、アリババ、フェイスブックといった名だたる革新的な企業と並んで世界で最も優秀な企業として認められたことに喜びを感じています。」と、ブループリズムのCEOであるAlastair Bathgate氏は述べた。「最も効率的なビジネスモデルを通じて革新的な技術を提供することをずっと目指してきていたので、MITテクノロジーレビューのような一流の、高い影響力をもつ雑誌に認められたことは特に喜ばしいことです。」 MITテクノロジーレビューに書かれているように、「企業が平凡な事務作業をソフトウェアロボットに任せることができれば、従業員はより高度な仕事に集中できる。それがブループリズムの謳い文句であり、金融、医療、法律等の業界でその提案を受け入れる企業の数は増加している。ブループリズムの「ロボティック・プロセス・オートメーション」ソフトウェアは、紙のフォームからデータベースへのデータの入力といった、人間が規則に則って作業をこなす方法を再現する。イギリスに本拠を置くブループリズムはアメリカとオーストラリアで最近事業規模を拡大し、アクセンチュア及びIBMとの提携に合意した。」今回のリストに選ばれたイギリスの企業はブループリズムを含めて2社だけである。 MITテクノロジーレビューの使命は、技術によって形作られる世界を理解するための情報を読者に提供することである。そのため、MITテクノロジーレビューの編集者David Rotmanはリストに寄せた記事「優秀であることには価値がる」の中で、「今回のリストは、将来支配的になるであろう会社のベストな予測です。アマゾン、フェイスブック、グーグルも選ばれていますが、多くの新規企業も含まれています。それらの新しい企業は今のところ皆さんに馴染みはないかもしれませんが、人工知能等の今後のビジネスを特徴付けることになる技術を活用するのに有利な立場にいます。」

ブループリズム「デジタルワークフォースのオペレーティング・システム」を発表

ブループリズムの企業向け「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」プラットフォームは世界で最も成功したデジタルワークフォースを提供し、最上級のクラウド、認知、人工知能技術へのアクセスを加速させる。 本日、ニューヨークで開かれたブループリズムワールドで、ブループリズムは550以上の顧客、提携先、業界の有力者で満員のコンファレンス会場で、同社の主力商品である「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」ソフトウェアプラットフォームの最新版を発表した。この最新版は、ブループリズムの顧客が頼りにしている、監査、セキュリティー、コンプライアンスの最高レベルの要求事項を満たしつつ、より高い柔軟性とスピードをもたらす。最も特筆すべきは、最先端のクラウド、人工知能性能を組み込んだ配備を可能にし、企業内での認知性能の配備と生産性を高める点である。 ブループリズムの新しいデジタルワークフォースのオペレーティング・システムは10年以上のソフトウェア開発と世界270社以上の顧客企業から得られた知見を活用している。同ソフトウェアは業界で最も生産性の高いソフトウェアロボットを提供するために設計された統合的で、最上級のオートメーションプラットフォームを提供する。さらに、人工知能、認知性能のための「インテリジェントエクセキューション」プラットフォームを提供しつつ、取引を自動化、最適化することでオペレーティングシステムのような機能も果たす。 「この最新版でブループリズムの企業向けRPAソフトウェアの事実上のスタンダードとしての地位は、特に、金融、保険、医療、通信、小売業等の厳しく規制された業界において、より強固なものになるでしょう。」とブループリズムの共同創設者で最高技術責任者のDave Mossは述べた。「弊社のソフトウェアロボットは、オペレーティングシステムのように、取引実行とプロセス・オートメーションを提供します。オートメーション以上のものの土台となりつつあるのです。つまり、企業向けレベルの次世代アプリケーションの構築の土台となり、人工知能がもたらしてくれるであろうものを現実にしているのです。。 ブループリズムのRPAプラットフォームの主要な改善点は下記の通りである。 トップのクラウドサービス提供業社からの提供 顧客はIBM、AWS、グーグルといった主要なクラウドサービス提供業社と取引をし、ブループリズムのRPAソリューションをサービスとして提供してもらうことが可能である。 人工知能、認知性能へのアクセス 顧客はAppian、Captricity、Celaton、Expert System、IBMそしてMinitを含むブループリズムの提携先との協調体制を活用し、人工知能能力を取り入れた最善のソリューションを構築できる。 より速いRPAの配備 それぞれのソフトウェアロボットの生産性を高めるため、アプリケーションのGUIと連動するオートメーションを構築する。 より高い柔軟性 日本語を皮切りにした多言語ユーザーインターフェース性能が複数言語の管理、拡張、サポートを促進する。 より多くのセキュリティーオプション グループベースの許可機能がオブジェクト、プロセス、リソースグループへのユーザーアクセスを制限し、監査、コンプライアンス手続きを強化する。 性能と拡張性の向上 集中型のレポートと分析システムがランタイムリソースとソフトウェアロボット利用割合のより簡潔な情報を提供する。 「このブループリズムのオートメーションプラットフォームの最新版は提携先の新しいソリューションやサービスへのアクセスを加速させながら、大規模企業がプロセスのデジタル化を続けていけるように、既存のRPAプラットフォームの性能を拡張したものです。これらのソフトウェアロボットは業界や地理的な境界線を超えて機能し、新興のデジタルワンオフィスの運用体制のデジタルアンダーベリーを支えます (リンク参照)。簡潔に言うと、より賢い働き方なのです。」と、有力なRPAとデジタル労働力のアナリスト企業であるHfSのCEO、Phil Fershtは語る。

ブループリズム 市場により多くの専門技術と開発者をもたらすための公認トレーニングパートナープログラムを開始

ロボティク・プロセス・オートメーション(RPA)の主要提供業社が増大する市場の要求に応えるために6社のトレーニングパートナーを認定 世界で最も成功したデジタルワークフォースを提供するブループリズムは本日、ロボティク・プロセス・オートメーション(RPA)プラットフォームのためのトレーニングと開発に対して拡大を続けるニーズに応えるため、公認トレーニングパートナープログラムを始動した。 Ascension, Digital Workforce, Robiquity, Reveal Group, Symphony Ventures そして WonderBotzの6社はすでに認定されている。 「組織がプロセス・オートメーションとデジタルワークフォースを通じて変革を図ろうとする中、質の高い、トレーニングを積んだRAP開発者へのニーズは高まっています。」と、ブループリズムのプロフェッショナルサービスグローバル責任者のNeil Wrightは述べる。「これらのパートナー、そしてこの先増えるパートナーと協力して、ブループリズムとともにプロセス・オートメーションの次世代を導く何千人ものRPA開発者を育てたいと願っています。」 RPA市場が活況を呈する中、RPAソリューション採用を検討している企業はオプションとソリューションが入り乱れる混迷した状況に直面しており、それらのオプションやソリューションの全てが品質管理が整っているわけではない。ブループリズムの公認トレーニングパートナープログラムは、完全に認定されたトレーニングパートナーに対し、ブループリズムの顧客やチャネルパートナー・アライアンス向けにトレーニングコースを設置、販売するための枠組みを提供し、一定の品質を保証する。 「専門家、そして自身のビジネスでブループリズムを長年活用してきたものとして、オートメーションプログラムの成功にとって質の高いトレーニングがどれほど重要かを我々も理解しています。長年の学びの経験をクラス形式の集中型トレーニングに注ぎ込むことにワクワクしています。」と、Ascension Ministry Service Centerのプロフェッショナルサービス事務局長のAJ Hannaは語る。「クラスのサイズを小さく保つことで、弊社のトレーナーである経験豊富な公認開発者たちは、個別指導を提供し、彼らの経験を分かち合うことができます。このプログラムは、次世代のRAP開発者が熟練するために必要なスキルと知識を獲得することを確かにし、ブループリズムの業界トップの地位をさらに広げるでしょう。」

ブループリズム デジタルワークフォース向けオペレーティング・システムで人工知能・認知テクノロジーへのアクセスを加速

新しいプログラムによって、テクノロジーパートナーが、業界トップのRPAプラットフォーム上で最高峰の性能を構築することが可能に 世界で最も成功したデジタルワークフォースのプロバイダー、ブループリズムは本日、Appian, Captricity, Celaton, Expert System, IBM そして Minit. を含む業界の有力企業の後援を受けた新しいテクノロジーアライアンスプログラムを発表した。これらのパートナーは、最先端のクラウド、人工知能能力を取り入れた最高峰のソリューションを企業が構築することをサポートするために、ブループリズムのロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) プラットフォームを活用する。パートナーはさらに、特に、金融サービス、保険、医療、通信、小売業等の厳しく規制された業界における、企業向けRPAソフトウェアの事実上のスタンダードとしてのブループリズムの地位をより明確なものにする手助けをすることにもなる。 「我々の顧客は人工知能、認知、OCR及びICR、ワークフロー、そしてモバイルのプラットフォームのための最高峰のソフトウェア及びサービスのプロバイダーを探し求めています。 顧客は、我が社のプラットフォーム上でプロセスを記述、カプセル化したことから、ブループリズムのロボットを、オペレーティング・システムのように、取引実行やプロセスオートメーションサービスを提供することに利用して、協調して作動するテクノロジーのエコシステムを配備する機会を持っています。」と、ブループリズムの創設者で最高技術責任者のDave Moss氏は説明する。「我が社のソフトウェアロボットは、オートメーション以上のものの土台となりつつあるのです。つまり、企業向けレベルの次世代アプリケーションの構築の土台となりつつあります。」 ブループリズムのデジタルワークフォース向けオペレーティング・システムは、手作業の処理をカプセル化及び自動化するだけではなく、組織がITリソース、プラットフォーム、テクノロジーを、活用、統合、そしてより効率的に役立てることを可能にする。ソフトウェアは、クラウド、人工知能性能を利用しながら、監査、セキュリティー、そしてコンプライアンスの最も厳しい必要用件レベルを満たすことができる完全オートメーションプラットフォームを提供するためにデザインされた。これによって、パートナーとユーザー双方に、企業向けレベルのソフトウェアとしての主要な性能を果たしつつ、新興のテクノロジーへのアクセスも可能にするオートメーションプラットフォームを提供することが可能になる。   ブループリズムのテクノロジーエコシステムを活用することで、顧客は、デジタル企業向けのオペレーティング・システムを形成し、堅固で伸張性のあるRPAプラットフォームの実現化、実行、そしてそれに関する知見を提供するために、統合的で、最上級のオートメーションプラットフォームの恩恵を得ることができる。エコシステムは、メールをソースとした、体系化されていないデータについての洞察を提供するためにテキスト分析を使用したり、予測反応を提供するために、ブループリズムプロセスの機械学習モデルに直接クエリーすること等の事例をサポートをする。 ブループリズムのCEOであるAlastair Bathgate氏は、「最も要求の厳しいオペレーション環境で、世界の主要企業の多くにデジタルトランスフォーメーションプログラムを届けるために、一流のトランスフォーメーションアドバイザーとパートナー達と協力をしてきました。例えば、銀行・保険業界のグローバルフォーチュン500社の半数以上が、核となる企業向け RPAプラットフォームとしてブループリズムを選んで、デジタルトランスフォーメーションに着手しています。」

ブループリズム シドニーにセールス・カスタマーサポートオフィス新規開設でアジア太平洋地域での存在感を拡大

Mike Cawsey氏がオーストラリア・ニュージーランドの地域セールスディレクターとして加入 世界で最も成功したデジタルワークフォースを提供するロボティック・プロセス・オートメーションソフトウェア会社のブループリズムは、同社のRPAソフトウェアプラットフォームに対する需要の高まりに応えるために、シドニーに新しいオフィスを開設したことを発表した。ブループリズムの戦略的アライアンスの数社は同市場で非常に活発に活動しており(関連する引用を参照)、現地での存在感の拡大の必要性に迫られていた。ブループリズムはさらに、Mike Cawsey氏をオーストラリアとニュージーランドの地域セールスディレクターに任命した。 「シドニーオフィスは、フォロー・ザ・サンサポート戦略を可能にし、大いに活況を呈している中国、日本、シンガポールを含むアジア太平洋市場への参入の糸口をブループリズムに提供してくれます。」と、ブループリズムのグローバルセールス担当取締役副社長のMartin Flood氏は語る。「Mike Cawsey氏は、アジア太平洋地域で複数の企業向けソフトウェア会社の成長戦略を成功に導いた経験を持ち、セールス首脳陣への素晴らしい力添えとなります。」 Cawsey氏は、20年以上にわたり、ビジネスプロセスマネージメント、分析・情報マネージメント及びガバナンスの領域において、世界主要の企業向けソフトウェア・テクノロジー組織を指導してきた経験を携えて、セールスの第一人者としてブループリズムに加わる。以前には、情報ガバナンスソリューションにおける市場トップのソフトウェア販売会社であるActive Navigationのアジア太平洋地域担当上級副社長を務めていた。他にも、IDOX/McLaren Software、Metastorm、DICOM/KOFAX、TIBCO BPM、Staffware、そしてModus Media等の企業において、上級の役職に就いていた。 新しいシドニーオフィスは、太平洋地域でのパートナーに対するセールスサポート及びカスタマーサポートを主に提供する。 パートナー及び顧客からの関連する引用 EYのアジア太平洋地域デジタルオペレーションリーダー、Andy Gillard氏 EYのアジア太平洋地域デジタルオペレーションリーダー、Andy Gillard氏は次のように述べる。「EYはブループリズムと世界20ヶ国で70を超えるRPAプロジェクトで協力し、顧客経験の改善、効率性の向上、リスクの軽減のために、顧客が従業員と並行してデジタルワークフォースを構築するための手助けをしてきました。オーストラリアとニュージーランドでは、すでに15を超えるプロジェクトでブループリズムと協力しており、同地域でのオフィスの設立は、さらなるオートメーションによって価値を提供しようとしている組織やサービスプロバイダーが受けられるサポートを増大させることになるでしょう。」 PwCオーストラリアのRPA担当共同リーダー、Shane O’Sullivan氏

アクセンチュアとブループリズム 業績の向上、従業員及び顧客経験の改善支援のため、ロボティック・プロセス・オートメーションを提供で協力

ライファイゼン・バンク・インターナショナルやサークルKを含む40以上の組織が署名 ニューヨーク、ロンドン発; 2017年1月5日 アクセンチュア (ニューヨーク証券取引所上場: ACN) と、企業向けロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) ソフトウェアのトッププロバイダーであるブループリズム (ロンドン証券取引所AIM市場上場: PRSM) は、様々な業界の組織が、コスト削減、コンプライアンスの改善、生産性の向上のために幅広いビジネスプロセスをオートメーションする支援をするRPAソリューション提供のために協力している。国際的小売業者サークルKやライファイゼン・バンク・インターナショナルを含む40以上の組織が、目的達成のためにすでにアクセンチュアとブループリズムを選んでいる。 2社のアライアンスは、アクセンチュアのグローバルなネットワーク、業界をまたぐ知見と、ブループリズムのRPAソフトウェアロボットを結びつけ、次世代のデジタルワークフォースを提供する。その一環としてアクセンチュアは、オートメーションを取り巻く複雑な環境に置かれた企業に重要なアドバイスとガイダンスを提供するために、ブループリズムのテクノロジーと実装に習熟した600人以上の専門家を認定する計画だ。 スタトイル・ストアの買収以降、サークルKは世界12,000の店舗で働く従業員120,000人を1つのブランドのもとに統合し、共有のサービスセンターでのオペレーションを改善しようと努めてきた。アクセンチュアにブループリズムのRPAソフトウェアの実装とビジネス分析を主導してもらうことが、サークルKのカスタマーサービスを標準化し、改善するオートメーションをもたらし、処理時間の削減とサークルKの職場としての魅力の増大に役立った。 「RPAは我々が仕事を構造化し、分配する方法を変え、改善のためのイニシアチブに集中できるようにしてくれました。」と、サークルKヨーロッパのサークルKビジネスセンター代表取締役Kristian Kjernsmo氏は語る。「ありふれた定型業務をオートメーションすることで、熟練した従業員をより興味深く、やりがいのある仕事に集中させることができ、そのおかげで、従業員満足と顧客経験の改善という二重の恩恵を受けました。アクセンチュアは、RPAの試験段階から実装までをサポートし、最初からずっと我々と共に歩んでくれました。」 14ヶ国で40,000人以上の従業員を抱えるヨーロッパ系多国籍銀行として、ライファイゼン・バンク・インターナショナルは、アクセンチュアと協力し、業務プロセスを自動化するために4ヶ国でブループリズムのテクノロジーを導入し、2017年にはさらなる展開を計画中だ。 「業績向上の手段としてRPAを検討していましたが、組織内での運営、急速な拡張、2ヶ月以内の稼働開始が可能なソリューションが必要でした。」と、ライファイゼン・バンク・インターナショナルのグループ効率性部門長のMarkus Stanek氏は語る。「アクセンチュアの知見と、ブループリズムの企業向けRPAソフトウェアを活用し、非常に短期間で組織内ロボティックス、センター・オブ・エクセレンスを設立したいと考えています。今までに4ヶ国でRPAプログラムのパイロット運用を成功させており、その成果をもとに、2017年にもRPAの展開を続けていくつもりです。」 「この協力関係は、オートメーションを通して新しい事業価値の獲得を支援してきたアクセンチュアの実績の上に築かれ、早期の利益確保のために、テクノロジーを迅速かつ大規模に適用する我が社の取り組みを補完するものです。」と、アクセンチュア・オペレーションズのグループ執行役員のManish Sharma氏は述べる。「